平成13年度の研究課題評価結果


事前評価課題
(重点領域特別研究)
水道水源流域における溶存性窒素の物質循環解明に関する研究
長距離輸送大気汚染物質の北海道への影響評価
環境質の健康影響評価指標に関する研究(バイオアッセイを用いたダイオキシン類等のリスク評価)
風力発電における低周波音に関する研究
海浜景観の復元手法の開発
エゾシカの管理型狩猟(猟区制度)導入に関する研究
夏鳥の減少実態と生息環境解析等に関する研究
リモートセンシング及びGISを活用した資源・環境評価と産業応用に関する研究
(外部資金活用研究)
移入哺乳類排除システムの確立に関する研究
(民間等共同研究)
10 沿岸環境質保全と漁業資源再開発に関する研究
(各部計上の試験研究)
11 希少野生動植物等の保護に関する調査研究
中間評価課題
(重点領域特別研究)
海洋生態系高次捕食者による水産業等への被害発生プロセスに関する研究
(一般試験研究)
沿岸海域の水環境総合解析研究
生物多様性の保全を考慮したハビタットの質的向上に関する研究
事後評価結果
(重点領域特別研究)
北海道の沿岸海域における水環境保全と水産資源保護
エゾシカの保全と管理に関する研究


研究の区分
一般試験研究 道の施策を推進するため,各道立試の特性に応じて実施する研究
重点領域特別研究 道が定める研究開発方針の重点事項に基づき実施する事業化・実用化に結びつく研究
外部資金活用研究 公募型等の外部資金を活用して実施する研究
民間等共同研究 道立試が民間等と共同で実施する研究
各部計上の研究 各部の事業を実施する上での必要性から、各部が独自に計上する研究
受託研究 国、民間等からの要請により実施する研究