北海道環境科学研究センター

トピックス 更新情報 お問い合わせ リンク

地球温暖化

温室効果ガスには、二酸化炭素のほかフロンメタン及び亜酸化窒素(N2O)などがありますが、とりわけ、フロンなどの人工の化学物質は二酸化炭素より温室効果が強く、微量でもその影響が懸念されています。温暖化の影響としては海面上昇が有名ですが、気候変動に伴う異常気象や気温の上昇に伴う害虫の分布域の拡大、病原菌の蔓延など、北海道においてもその影響は極めて深刻となることが予想されます。



苫小牧フラックスリサーチサイト(FRS)
二酸化炭素(CO2
温室効果ガスモニタリング
CO2排出量の全道分布データ
CO2フラックス調査
フロン類
メタン及びN2O
対流圏オゾン
 
 地球環境へ

Copyright © 北海道環境科学研究センター. All Rights Reserved.