北海道環境科学研究センター

トピックス 更新情報 お問い合わせ リンク

国際協力

環境科学研究センターは、国が行っている発展途上国への支援事業や、道が行っている国際協力事業などへ積極的に参画し、環境技術交流をとおして地域レベルでの地球環境問題の改善と国際親善へ貢献しています。

▼ JICA研修事業
▼ 中国環境保全交流事業(北海道)
▼ GEMS/Water
▼ その他(環境保全に関する交流事業への参加)


JICA研修事業
 JICA(独立行政法人国際協力機構)の委託を受けて、以下の研修・技術指導事業を行っています。
  • 集団研修事業
    • 平成7年度から「地域環境保全計画コース」を開設し、環境全般についての研修事業を行ってきました。
    • 平成12年度からは、「地域環境保全技術コース」として再編成し、平成14年度までに発展途上国17ヶ国から40名が受講しています。(毎年度5名程度。研修期間 : 約3ヶ月)
    個別研修事業
    • 研修員毎に研修テーマを設定し、研修事業を行っています。(研修期間 : 7日間〜1年間)
    技術協力専門家
    • 受け入れ国からの要請に基づき、環境科学研究センターの職員を派遣し、技術指導を行っています。(H7 : モンゴル1名 H8 : モンゴル1名、インドネシア1名 H9 : インドネシア1名)
▲戻る
中国環境保全交流事業(北海道)
 平成8年度から、道の友好州である中国黒竜江省と隔年で相互に技術者等の人的交流を行っています。
 環境技術検討会の開催や情報交流等により、環境保全交流を推進しています。
▲戻る
GEMS/Water
 GEMS/Water (Global Environmental Monitoring System:地球環境監視システム/陸水環境監視計画) は国連環境計画 (UNEP)の推進する世界規模の水質モニタリングプログラムで、わが国は国立環境研究所地球環境研究センターがナショナルセンターとなり、国内約20ヶ所の水質データが登録されています。

 当センターでは国際的な取り組みに貢献するため、1993年から石狩川の水質データを提供しているほか、摩周湖のベースラインモニタリング調査を国立環境研究所と共同で実施しています。

  >> United Nations Environment Programme GEMS/WATER
  >> GEMS/Water Japan Website

▲戻る
その他(環境保全に関する交流事業への参加)
 北海道海外技術研修員受入(北海道)
 自治体職員交流事業研修員受入(総務省)
 北方圏フォーラムへ職員派遣
▲戻る

Copyright © 北海道環境科学研究センター. All Rights Reserved.