騒音・振動に関する調査研究 に戻る

研究の概要

 航空機騒音に係る環境基準の評価方法が加重等価平均感覚騒音レベル(WECPNL)から時間帯補正等価騒音レベル(Lden)へ変更され、平成25年4月1日に新基準へ移行ししました。これまでのWECPNLは騒音のピーク高さで評価しているのに対しLdenはピーク面積で評価するものであり、近似的な関係式が示されているものの両者が一致しないケースが存在します。そのため、環境基準の類型を当てはめる地域の指定を見直す際に、騒音の空間分布についてLdenを用いて評価しなおす必要が生じています。

 アメリカ連邦航空局の開発した航空機騒音シミュレーションソフト、INM(Integrated Noise Model)には様々な航空機から発生する騒音データが豊富に収録されています。これを用いることでLdenの空間分布をシミュレーションすることができるのですが、精度の高い結果を得るために、機種・飛行コース・高度・速度について実際に近い条件設定を行う必要があります。そこで本研究では、ADS-B信号受信システムにより実際の航跡データを収集し、INMを用いてLdenコンターマップを作成する手法を検討しました。また、実際の測定値との比較によりその精度を確認し、マニュアルを作成しました。

以下から,INMによるLdenコンターマップ作成マニュアルのダウンロードが可能です。

・「INMによるLdenコンターマップ作成マニュアル」の著作権は、北海道立総合研究機構環境・地質研究本部環境科学研究センターに帰属します
・本マニュアルを利用した結果を報告書等に記載する場合は、以下の出典を必ず記載し、成果物を1部送付してください。
・出典:INMによるLdenコンターマップ作成マニュアル(北海道立総合研究機構環境・地質研究本部環境科学研究センター:平成27年3月)