北海道環境科学研究センター

トピックス 更新情報 お問い合わせ リンク

悪臭

現在、悪臭防止法ではアンモニアや硫化水素など22物質についての濃度規制と人間の嗅覚を利用する嗅覚測定法による規制のいずれかの方式を採用することができます。北海道では悪臭防止法に基づく地域指定がされている市町では、札幌市が嗅覚測定法を用いた規制を、他の市町村では物質濃度による規制を行っています。

嗅覚測定法は、悪臭の実態により近い結果が得られ、また機器分析よりも費用がかからないという利点を持ち、全国的にも採用する自治体が増えています。こうした状況をふまえて、北海道でも様々な業種の嗅覚測定法による調査を実施し、今後の嗅覚測定法採用に向けた基礎資料の収集を行っています。
物質濃度規制値や悪臭苦情件数の推移等については、北海道環境白書をご覧ください。
▲ 大気へ

Copyright © 北海道環境科学研究センター. All Rights Reserved.